原田写真館代表・カメラマン
原田 太一

1985年福岡市立名島小学校卒業
1988年福岡市立多々良中学校卒業
1991年福岡県立香住丘高校卒業
1992年代々木ゼミナール卒業
1996年西南学院大学 経済学部 国際経済学科卒業
家業のはらだ写真館を継ぐ
2000年BE-STAFF メイクコース 卒業
2002年現在の香椎に新築移転 店名を原田写真館に
2009年写真業界団体F・F会 会長3年間務める
2013年九州PGC 代表 2年間務める
受賞履歴フジフィルム全国営業写真館コンテスト 入賞
コニカプロフェッショナルフォトコンテスト 最優秀賞
月刊マリア キッズフォトコンテストアートフォト賞
月刊マリア キッズフォトコンテスト グットスマイル賞
他多数

この度は原田写真館の成人式専門サイトを
ご覧頂きありがとうございます
原田写真館の原田太一と申します。
1969年に父が東区名島に創業し同地区内を3度移転を繰り返し営んでいました。
僕は、家業を継ぐ意志もなく地元の大学に進学しましたが、大学3年の時に父の他界を受けて、志半ばの父の意志を受け継いだつもりで家業の継承を決意し現在に至ります。

継ぐ意志のなかった僕が父の意志をハッキリと聞いてはなかったのですが、他界する前の言動から自分のスタジオを持ちたかったように感じられ、その夢を実現し写真館という仕事を通して自分らしく生きていく事を目標に5年間程、母と2人名島で、はらだ写真館に従事してきました
お客様や業界の先輩いろいろな人に支えられ2002年に香椎参道に新築移転を果たす事が出来ました

自分らしさと父の意志を引き継ぐ意味も込めて店名を原田写真館に変更し、父や母が撮ってきた写真も大事にしながら、自分にしか撮れない写真を求めて試行錯誤を繰り返し、ひとつの答えに辿りつきました
僕の撮った写真で、お客様の生活を豊かにしたい
その写真を見ると思わず微笑んでしまう写真・気持ちが優しくなる写真。
そんな存在であり続けられる家族写真を撮りたい!
「写真のある生活で毎日をHappyに!」が僕の想いです

母と嫁と僕の家族で営む小さなお店です
行き届かない点も多々ありますが家族みんなの気持ちが優しくなる写真を撮れるように日々精進していきますので、よろしくお願いします
香椎のお店になってから、ガーデニングにハマってしまい日々植物の事を考えています。
お庭もイイ感じになってますので興味がある方は、お庭だけでも見に来て下さい


植物のインスタグラム

原田写真館Since1969

【 沿革 】 
1969年に初代の父が福岡市東区名島に創業。七五三・入学・成人式などお客様の人生の節目を綺麗に記録する事で地域に根ざした写真撮影業を営んできました。1996年に父の他界により事業を継承。2002年に福岡市東区香椎に移転し、人生の節目にキチンとフォーマルに撮影する記録の価値だけではなく、「写真のある生活で毎日をHappyに!」を理念に、お客様の日々の生活の中で写真が家族みんなに笑顔を与えたり、写真に癒やされたり、イヤな事があった時も元気をもらったり・・・とお客様の生活を豊かにする新しい価値を提供できるようなスタジオを十数年かけてコツコツと作り上げてきました。その結果、木の温もりが感じられ、どこか懐かしく落ち着くスタジオ。お客様が一歩足を踏み入れた瞬間から気持ちが安らぐ緑いっぱいの庭と、ご家族らしい写真をお撮りするのに必要不可欠なリラックスできる空間を整えてきました。またそれらは撮影時の背景として温かさや深みのある写真表現に活かされていす。
富士フイルム営業写真コンテスト(業界内の最大のコンテスト)で地域1番の31回入賞や福岡県の写真協会のコンテストなどにも多数入賞しています。「伝統×新しい感性」をテーマに父の代から受け継いだキレイにフォーマルに撮影する伝統的な技術とご家族「らしさ」を感じとる感性でナチュラルな写真をお撮りして、
「写真のある生活で毎日をHAPPYに!」をミッションとして日々「家族みんなの気持ちが優しくなる写真」を追求しています

PAGE TOP